カテゴリ:音楽( 8 )

HARD DAY'S NIGHT




[PR]
by wackomania | 2010-12-13 20:37 | 音楽

負け犬の誇り

『PRIDE OF THE UNDERDOG』と名付けられて、新曲2曲のPVも公開されてるDeeder Zamanのニューアルバムが一向に発売される気配が無い。数ヶ月以上も前に2010年発売とされてたはずだが・・・これからなのか?とりあえず続報を待つしかないか。

[PR]
by wackomania | 2010-11-04 19:04 | 音楽

ゴリラズ

押尾学(自称:カート・コバーンの生まれ変わり カート・コバーン1994年死去 押尾学1978年この世に生を受ける 通称:お塩先生)曰く、「ゴリラズを聞く奴は人生終わってる。」 ・・・あんまり余計な事言うもんじゃないですね。

[PR]
by wackomania | 2010-06-17 12:50 | 音楽

まだ春すら来てないが

春すら来てないが、既に心は夏に飛んでいる。

今年の夏はスカを聞きまくろうかな。なんとなく・・・。


[PR]
by wackomania | 2010-04-17 20:48 | 音楽

deeder zaman

ニューアルバム出たのかな?久々のCD購入になりそうだ。

いつの間にか男らしい顔になってきた。

若かりし頃。

[PR]
by wackomania | 2010-04-04 23:11 | 音楽

JACK JOHNSONとUNDER HAIR

 今から5,6年前に、ひょんなことからアメリカ人の友人に誘われて、アメリカ人だらけのキャンプに参加した事がある。日本に留学している学生やら英語指導助手やらアメリカ人約30人の中、日本人はオレと女の子2人の3人のみ。

つまりは完全アウェーだ。

最初は、フリーな雰囲気のアメリカンスタイルのパーティに戸惑い「来なきゃ良かった。」と後悔したへたれな俺も、アメリカ人数人に言われた「あなたは(アメリカ人だらけのこの場に来て)勇気ありますね。」という日本人を小馬鹿にしたような態度に火がつき、また酒が入り酔いが回った頃にはOASISやRADIOHEADをギターで奏でてアメリカ人を大合唱させる事に成功。酒と音楽は世界共通のツールだ。

夜、何人かが海の方へ行っていなくなったと大騒ぎになり、やがて、いなくなった男と女がチン毛とマン毛丸出しで何事もなかったように素っ裸でみんなの前に姿を現したときは、流石アメリカ人と負けを認めたが(笑)

アメリカ人の多くが口々に「ブッシュ、本当にごめんなさい。」と謝ってきたのも印象的だった。
ま~インテリにとっては、アホなブッシュを批判する事が一種のステイタスみたいなもんだったのかもしれない。

そして、JACK JOHNSON。

当時馬鹿流行で、みんなガンガンかけてたな~。

JACK JOHNSONを聴くたびに、パツキンねーちゃんのマン毛を思い出す(笑)

下品な話題、本当にごめんなさい。(笑)
[PR]
by wackomania | 2010-02-04 23:16 | 音楽

変態ベーシスト

プライマスのレス・クレイプール。変態さが滲み出ている。

そういえば、この映像を見ていた日本のへヴィメタ・ハードロックバンドの人達に「カッコイイ~~。でも、カッコイイけどこんなベーシストは邪魔くさいからいらない。」って言われてたっけ(笑)
[PR]
by wackomania | 2010-01-26 23:19 | 音楽

ソニック・ユース的悪夢

 今宵は、こんな悪夢を見ないように・・・。

[PR]
by wackomania | 2010-01-25 23:55 | 音楽