WACKOMARIA 2009A/W その3

 2009A/W第3弾購入は早くもアウターとなった。
a0166491_103259.jpg
B-10 JAKET 非常に男っぽい無骨な表情。
a0166491_9242429.jpg
第2次世界大戦中、アメリカが物資不足のために革製フライトジャケットの代わりに生産したのがB10ジャケットだそうで。
そんなミリタリーアイテムをワコ流にタイトにスタイリッシュにデザインし直したという感じ。
デリバリーの遅延は当たり前のワコ。でもこれはしっかりと予定通り発売された。
当初から9月のデリバリー予定で、何故この時期にこのジャケットが?と思ったものだ。
この辺でアウターを1枚出しておいて、後々また別のアウターを買わせようという手段なのだろうか(笑)
そしてオレはこの後、ワコのそんな戦略(?)の罠にはまっていく事となるのだが・・・(笑)
ま、いずれにしても昨シーズン買い逃してたんで、B-10は最初から狙っていた。
a0166491_934163.jpg
お馴染み“The guilty parties”=共犯者達。ワコの服を着る者はみんな共犯者なのだ(笑)
そして“outrageous”=粗悪な、乱暴な、乱雑な、ひどい、という意味。乱暴といっても“violence”的な意味とはもちろん違う。
直訳すると“粗悪なロッカー”。
outrageousとrockerの化学反応。この2つの単語を背中に背負うカオス。
背中で語るワコだが、このB10に関してはバック無地タイプの方が格好良いかな?と感じたんで、そっちを購入しようと思ってたのだが・・・結局無地だと何だかつまらないという理由でバクプリタイプを購入。
単なる貧乏性かも。バック有りと無しじゃ有り買わないと何だか損した気分になる的な。1,000円しか違わないし。。。
a0166491_9571150.jpg
昨期モノからの変更点は、フロントにワッペンが付いた。
B10はデザイン自体がインパクトあるんで、余計なワッペンやバクプリはいらない感じがしないでもないんだが、これぐらいならまぁOKかな。さりげなくワコの服アピールも出来るし(笑)
a0166491_1034291.jpg
内側は全体にボアが。
このボアの手触りがサラサラフカフカしてて凄く良い。もちろん暖かい。
裾と袖はリブで、このボアと合わせて保温性は抜群。

Lサイズを購入したが、アームが細くかなりタイトシルエットのため、冬物アウターなのにインナーにはアンダーウェアぐらいしか着込めない。
無理矢理にレーヨン素材の薄いシャツは着込めない事も無いが、ここは男らしくアンダーウェア一枚に羽織りたい。車で移動するときは大活躍してくれている。
ただ、ミリタリーアイテムだけど洗練されたフォルムなので、シンプルなホワイトシャツとスラックスに合わせたキレイ目スタイルにもきっちりはまるのがワコの服の真骨頂と言ったところか。
a0166491_10163640.jpg
内側には英語で詩的なメッセージが添えられている。
[PR]
by wackomania | 2010-01-24 10:17 | WACKOMARIA
<< 油で揚げますねん WACKOMARIA 2009... >>